ホームへ戻る

ITS 自動運転関連 共同研究開発の提案

 ・国プロ、科研費、企業研究開発部門および大学研究室


弊社で行えること
 1)実験に必要な、ソフト、ハードウエアを開発・試作します。
 2)実験に必要な、実験車を改造・試作・準備します。
 3)被験者が必要な場合は、ユーザーモニタを募集し、管理します。
 4)走行実験の請負を行います。現場管理一式を受託します。
 5)データ整理を行ないます。

共同研究者に期待すること
 1)全体プロデュース、資金計画
 2)学術、学究的な業務
 3)最終論文、報告書

弊社が譲渡できるもの
 1)研究開発を経て、得た技術、知見、特許などの所有権


本年度、強化したいテーマ

開発中の新型プリウスCAN対応実験車を使用した、ITS関連実験

弊社から提供できる、代用評価項目
① 車間距離 ②アクセル ③ブレーキ ④ハンドル角
⑤ 速度     ⑥加速度   ⑦角速度   ⑧その他CAN情報
⑨ 燃費情報
⑩ GPS情報(緯度経度、進行方位、道路勾配等) 
⑪ 車両周囲画像(前後左右、顔、足など、※360度カメラ可能)




 


テーマ例

1)車車間通信を使用した燃費改善効果についてのフィールド走行実証実験(一般道、首都高、高速)

2)ドラック等の前方視界障害を、カメラで擬似透過して、ドライバに情報提示をした場合の運転行動計測、燃費改善計測。

3)車間距離情報を積極提示した場合の運転行動計測、燃費改善効果

4)加齢者におけるブレーキ/アクセル操作量と、加速度ジャーク、燃費との関連性評価

5)赤信号減速支援、青信号通過支援と燃費改善効果、旅行時間のフィールド評価

6)生体系情報(心拍/血圧/首運動など)と運転行動計測の関連付け基礎実験

7)路車間、車車間通信に関する電波伝搬的な計測実験

8)3G/4Gをキャリアとした、ITSサービスのアプリ企画と実証実験


ホームへ戻る