超小型電気自動車 COMSベース 実験車を開発/供給開始


COMSのCAN制御信号を解析し、電気モータ、消費電力、回生電力などを計測


開発仕様

(着手時に、実験目的をお聞きして最適のシステムをご提案いたします)


【A】
CAN計測項目(開発時に要相談)

1)アクセルペダル量
2)ブレーキスイッチ
3)速度
4)ウインカ
5)メインバッテリ電圧
6)補機バッテリ電圧
7)充電電流
8)消費電力(モータ駆動電力)
9)回生電力
10)シフトギア R-N-D
11)パーキングブレーキ

【B】
前方車間距離レーダ(1m~80m)※ミリ波

C】
センサ取付による計測項目
1)ブレーキペダル量
2)ハンドル操舵角

【D】
映像系
1)前方ハイビジョンカメラ
2)全周囲360°4Kカメラ

【E】
GPS系
1)ハイブリッドGPSシステム
2)D-GPS 高精度GPS
3)NAVI表示、マップマッチGPS
4)GPSコンパス(高精度+角速度+方位)


A+B+C+D+E 完全同期ドライブレコーダ&再生ビュアーシステム

【その他】
AC100Vインバータシステム
 メインバッテリを利用 (DC72V→AC100V) ※オススメ
 補機バッテリーを利用(12V→AC100V)